お知らせ

2022.07.18

知立神社『令和の御造営』ご奉賛のお願い

ご造営奉賛(寄付)のお願い





知立神社は、景行天皇の御代の創建と伝え、長く歴史を重ねる中で、延喜式内社、三河二宮、また江戸時代にはマムシ除けの神様「池鯉鮒大明神」として広く崇敬を受けてまいりました。境内には国指定重要文化財「多宝塔」をはじめ、国登録有形文化財建造物として「本殿」「幣殿」「祭文殿」「拝殿」「摂社親母神社」「茶室池鯉鮒庵」など、多くの文化財建造物を所有しています。これらの伝統的和風建築は、自然素材を使用しているため、経年および風雨による劣化損傷が避けられず、数十年に一度は大規模な修繕を行う必要があります。

このたび、知立神社では令和改元を記念し、まず破損の一番進んでおりました「摂社親母神社」の全解体修理に取り掛かり、令和3年12月に竣工いたしました。

また引き続き、「幣殿」「祭文殿」「拝殿」等の本社社殿群の屋根葺き替え工事と、老朽化した社務所の改修、境内整備事業を予定しております。

つきましては、この一連の「知立神社 令和の御造営」に際しまして、広く氏子・崇敬者の皆さまにご寄付を募ることといたしました。

令和2年に始まりました世界規模のコロナ禍を経て、いまだ世情の落ち着かぬ中ではございますが、なにとぞ趣旨をお汲み取りいただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。



知立神社宮司 謹白





◎事業計画

 第1期  摂社親母神社(解体修理・屋根葺替)  令和3年



 第2期  幣殿・祭文殿・廻廊・拝殿(屋根葺替) 令和5年以降



 第3期  多宝塔・社務所(改修)・境内整備



◎奉賛方法

 社務所にて受付ております。



◎奉賛金額

 三千円・五千円・一万円・五万円・十万円以上



◎事業費

 第一期・第二期合算  約2億円



◎奉賛特典

 芳名簿を作成し、永く御神前にて保管すると共に、奉賛者特別祈願を斎行します。



以上





知立神社社務所

愛知県知立市西町神田12番地

TEL:0566-81-0055
2022.07.18

8月の行事予定(祈祷受付時間の変更について)

《8月の神事・行事》

3日(水)午前11時  月次祭
※3日のご祈祷受付時間は、正午から午後4時までとなります。


21日()午後3時  土御前社 例祭
※21日のご祈祷受付時間は、午前9時から午後1時までとなります。




《8月の戌の日》


1日(月)


13日(


25日(木)






【ご来社される皆様へ】

現在当社では感染症対策を実施しております。

ご来社されます際には、下記の『知立神社へご来社の方へ』をご確認いただきますようにお願い致します。

知立神社へご来社の方へ
2022.07.01

知立神社の茅の輪くぐり

6月30日に、当社の大祓式・茅輪神事が斎行されました。

7月15日まで当社境内に茅の輪を設置しております。

是非ご来社いただき、茅の輪くぐりにて罪・穢れを除き、心身の清浄を御祈願ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 »

- CafeLog -